忍び寄る倒産の影に…… | ファクタリングで楽々資金繰りを。あなたの会社も是非!! menu

忍び寄る倒産の影に……

扇形にお札を広げる人

ファクタリングの語源になったいる「ファクター」という英語には様々な意味があります。
因数分解が有名な用法ですが、「代理人」という意味もあります。ファクタリングはこの代理人という意味が強いです。
つまるところ、あなたの会社に代わって代金を請求する「代理人」であるわけですから。
また、受託先であるあなたの会社に支払いをする、クライアントの「代理人」でもあるわけです。
このように、資金繰りの難しいときにファクタリングを利用すれば解決できます。必要なのは手数料です。
ファクタリングが必要なのはこのようなときです。
赤字ではないが資金が底を尽きる……ということが会社にはあり得ます。赤字大きなダメージになりますが、人員調整などが可能でしょう。それだけが原因で倒産することはありません。赤字は続くと非常に重大な事態にはなりますが、それまでの警鐘には比較的気づきやすいでしょう。
売り上げ不振や資本過少など、倒産につながる理由が様々に考えられますが、その中でも意外と盲点なのが売掛金の回収難です。
多くの起業家が代金回収までみずに資金繰りが難しくなり、泣く泣く倒産しています。そうならないためにも、ファクタリングの知識を付けておく必要があるでしょう。