二社間のファクタリング | ファクタリングで楽々資金繰りを。あなたの会社も是非!! menu

二社間のファクタリング

大量のお札を数える人

クライアントに合意が取れそうにない場合、便利なのが二社間ファクタリングです。
売掛先に知られることなく、債務を売却できるのがその魅力でしょう。三社間ファクタリングが利用出来ないとき、この方法を知っていれば便利と言えます、
資金繰りなどの状況を売掛先であるクライアントに知られる心配がないのが大きな魅力でしょう。
細かい仕組みを説明すると、あくまであなたの企業はクライアントと取引することになります。
この場合そこに第三者を挟む事はありません。
ファクタリング会社とあなたの会社が売掛金の支払いと、売掛金の買い取り契約という関係で結ばれることになります。
要するに一旦立て替えてくれる……というような形になります。
また、もう一つの魅力として現金化のスピードが驚くほど速いということが挙げられます。
最短で即日。遅くても3日ほどで現金を手にでき、非常に便利なのです。
売掛先に知られず、最短即日で現金化できる……良いことばかりのようですが、もちろんデメリットもあります。
それは手数料の高さ。だいたい15%~30%ほどと、三社間ファクタリングに比べるとかなり割高です。
また自社の与信も必要になります。ただ、与信が高ければこの手数料・利用料金も抑えることができます。料金の振れ幅が結構大きいのもマイナスポイントでしょうか。