国が推奨する合法の手段 | ファクタリングで楽々資金繰りを。あなたの会社も是非!! menu

国が推奨する合法の手段

広げられている千円札

違法性はありません。まったく。国が推奨しているくらいですから、当たり前のことです。
経産省中小企業庁もその利用を呼び掛けています。金融庁や経済産業省もこのファクタリングを『正当な資金調達手段』であると述べています。
それは何故でしょうか。
理由は多々ありますが、多くの企業が売掛債権を所有していると言われています。その金額70兆円強……かなりの金額ですね。
そうであるにも関わらず、債権に手を掛ける=資金繰りが上手くいっていないのでは?と勘ぐられる懸念があり、使用できても使用しないという企業も多いのです。
債権を利用せず、銀行で融資していくとなると、やはりリスクを課すことになります。ですからそうではない資金調達手段を推奨しているのです。
このため最近では、ファクタリングの手数料がさらに低くなるのでは?という声も上がっています。
ファクタリングのハードルが下がることで、その利用数が増えるのではと考える人が多いのです。

とはいえ、こうしたサービスに頼らなくてもいいくらいの安定した企業になるに越したことはありません。
資金調達が必要になったとき……銀行での借り入れを利用するよりファクタリングを国では推奨している。という話なのです。
まずは三社間ファクタリングを検討しましょう。それでもし、クライアントに合意が得られないのであれば二社間ファクタリングを考えても良いかもしれません。
そのような事態になったときのために、これらのことをよく勉強しておきましょう。