menu

資金繰りの難しさ……

ひらめいてる人

ビジネスの世界の単語です

ファクタリングってご存知ですか?
まずはこの言葉の意味を詳しく解説する必要があるかもしれませんね。
なにせ、ちょっと難しい話になります……。
ですが、ビジネスの世界ではよく利用されるサービスなので、もし興味があれば知ってもらいたいお話でもあります。

売掛金や売掛債務という単語をご存知でしょうか。
この売掛金、売掛債務という言葉がキーワードになります。ですので少しだけ解説したいと思います。
たとえば、商品を受け取って代金は後払い、というときにこれらの言葉を使用することが多いです。
たとえば最近クレジット売掛金という言葉が一般的になりました。代金をクレジットカードで支払われる際、カード会社を通して代金が支払われると思います。
そしてしばらくの間、商品はお客様に渡したが代金は請求日まで支払われないということになりますよね?おおよその場合月末に支払われるかと思います。
この際の未収金のことを売掛金と言います。
そしてこの未収金を請求する権利のことを売掛債権と呼ぶのです。
ファクタリングはこの売掛金、売掛債権という言葉とセットになって語られることが多いです。ちょっと噛み砕いて説明していきたいと思います。

すこしややこしい話ですが

ものすごく簡潔に説明するとこういうことです。
まずあなたの会社が顧客にあるサービスを提供します。後払いなので支払日まで支払われるのを待つことになるかと思います。
ですが、その支払日までの資金繰りが会社によっては難しいことがあるかと思います。そんなとき使うのがこのファクタリングというサービスになります。
顧客とあなたの会社という関係に割って入り、顧客に支払い料金の請求を行なう第三者……これをファクタリング会社といいます。

たとえばあなたの会社が300万円で仕入れたものを顧客に500万円で売り、200万円の利益を得ようとするとします。
月末支払いなので顧客は500万円を月末まで支払いません。この間、あなたの会社は貰うはずの500万円を受け取っていない状態になります。
この際、売掛金は500万円、売掛債権はあなたの会社にある……ということはご理解いただけるかと思います。
普段ではこの500万円が手元に支払われるまで資金繰りが可能なのですが、様々な理由から難しくなることもあります。
だったら前払いしてもらうよう交渉すればいい話なのですが、大抵の場合そううまくはいきませんよね。
大抵の支払日は払う側……クライアントの都合に合わせることになるでしょう。
資金繰りも難しく、しかしながら支払い日はクライアントの都合に合わせなければならない……そんなとき必要なのがファクタリングです。

ファクタリング会社はいわば先んじて、請求した代金を支払ってくれる会社のことです。クライアントに変わって代金を支払ってくれる、そんな便利なサービスです。
もちろん手数料が引かれます。たとえば500万円を請求するつもりなら、450万円などファクタリングの手数料を引かれた額が支払わられます。
また売掛債権もこのとき、ファクタリング会社へと移ります。
ファクタリング会社はその後、あなたの会社に代わって元のクライアントに500万円を請求します。これでファクタリング会社は50万円の利益を得ます。
いわば会社をまたいだ借金のようなサービス……それがファクタリングです。

売掛債権を買い取ります

さて……噛み砕いて、と言いましたがなんだか混乱した言い方になってしまいましたね。
ここで一言でまとめることこのようなことになると思います。
「ファクタリングとはあなたの会社から売掛債権を買い取るサービス」です。
上の例で言うと450万円で売掛債権を買い、その売掛債権を用いて元のクライアントに500万円請求します。そしてファクタリング会社は50万円の利益を得ます。
どうでしょうか……すこしご理解いただけましたでしょうか?
このサービスがどのような場面で使われるかというと、一般的には上のように、資金調達の際に利用されます。
支払わられていない料金を銀行から一旦借りる……そんなやり方も一般的にはあるのですが、会社の経営状態が悪いときなどは融資してくれないこともあります。
そんなとき、ファクタリング会社を利用すれば簡単に資金繰りが可能です。実際これに助けられている会社はけっこうあると思います。
またファクタリングの場合「融資」ではありません。上で借金と表現しましたが、厳密にいうと全然違います。
売掛債権を買い取るサービスなのですから、お金を借りているわけじゃないのです。ですので、担保や厳正な審査は必要ありません。

コンテンツ一覧

お金を持っている男性

「ファクタリングで楽々資金繰りを。あなたの会社も是非!!」のコンテンツ一覧です。

read more »

困ったときの救世主です

お金を投げている人

ファクタリングは一時的に資金を調達できればキャッシュフローがうまくいく、そういうここぞというタイミングで利用すると効果を発揮します。利益は多少減っても、資金繰りに十分な程度は得られるでしょう。知っていて損はないです。

read more »

国が推奨する合法の手段

広げられている千円札

ファクタリングは違法ではなく、どころか国が推奨する合法性のある手段であるといえます。資金繰りが難しくなった時、銀行による借り入れを行なうよりはるかに良いからです。そのため、どうしても資金が必要になったときはぜひ。

read more »

二社間のファクタリング

大量のお札を数える人

クライアントに合意をもらえない場合に利用出来るファクタリングが、二社間ファクタリングです。クライアントに知られないで済むのが大きな魅力でしょう。また早ければ即日から現金化できる即効性も利点と言えます。料金は少し高いです。

read more »

三社間の売掛債務売却……

お札を折っている人の手

先に挙げたのは三社間ファクタリングの例です。このサービスは債務を売却するファクタリング会社とあなたの会社、そしてクライアントの三社が関与し、クライアントに合意を得られる場合にのみ利用可能になります。安さと信用が魅力です。

read more »

忍び寄る倒産の影に……

扇形にお札を広げる人

ファクタリングはあなたの会社に代わって代金を請求する「代理人」であります。このサービスが必要なのは、資金繰りの悪化がそのまま倒産につながるからです。多くの起業家が売掛金回収難で泣く泣く会社を倒産させています。

read more »